写真展のご案内

お知らせ
11 /25 2010
第3回グループ「夢」写真展


日時 12月3日(金)~12月8日(水)午前10時~午後16時半まで(最終日16時まで)

場所 中電岐阜ビル「パレットルーム」
    岐阜市美江寺町2丁目5番地  電話 058-264 3359


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1回 「ネイチャーフォト写真展」

日時  12月7(火)~12月12日(日) AM11:00~PM7:00(入場は無料)

場所 ギャラリー アルテ スパーツィオ

    巽住宅梅田ビル302 大阪市北区曽根崎新地2-1-13
(JR 大阪駅前第一ビルから交差点を挟んだ西南側、地下鉄西梅田駅C61番出口を出てすぐ)


しばらくはこの記事の下にアップいたします

お近くの方は是非お出かけ下さい



最終日

風景
11 /25 2010
いよいよ最終日になりました。友人の写真展だけれど、私も様々な出逢いがありました。今日は4時間あまりですが、1分1秒を大切にしたいと思っています。帰りはフジフォトギャラリーに寄って行きに出してきたフイルムの現像をいただいてこよう。10本くらいあるから特急に乗ってからの楽しみです。明日から本格始動。大阪にいる間は寝坊させていただきましたが、明日からまた5時前起きが始まります。気持ちの切り替えしなくては。草むらも様変わりしているだろうなぁ。ではでは今日もがんばります。

明日14時まで

天空
11 /25 2010
連日お忙しい中写真展にご足労いただきありがとうございます。受付にいて来場くださる方々の瞳の輝きを見ると本当にうれしくなります。伝わってくれてるんだなぁ・・・って。ところで、夕方くらいになると小腹が空きます。で、お気遣いいただいたお菓子をバクバク休憩室でいただいています。なんとなく眠くもなるのでいいカンフル剤になっております。ありがとうございます!それとフジフォトサロンの前の御堂筋のイチョウも随分散ってきました。朝は青空をバックに夜は下からの光に照らされいいねぇ~なんて話しています。私の3年前の写真展も大阪が始まりで丁度同じ時期。11月の下旬でイチョウが綺麗で黄色に混じった緑の葉っぱを眺めたり毎日イチョウの変化を見るのが楽しみでした。だから自分の写真展のような気持ちになりオーバラップしています。明後日の雨でかなり散ってしまうかな。毎日の大気空の様子、木々の変化都会にいても十分季節の移り変わりを感じます。

写真展4日め

風景
11 /25 2010
なかなかブログを更新できなくてようやく朝ごはんを食べ乍の更新です。今回もプリントの出来が素晴らしく、人が引いた時間見て回っていますが、全紙、全倍にぐるりと囲まれている時間はホント幸せ。全倍なんかに伸ばすと空気感も臨場感も最高です。おかげさまで贅沢な時間を過ごさせていただいています。隣のコーナーの浪速写真クラブの方々もとっても気さくで作品も素晴らしくテーマは違ってもどちらの会場に来場された方も2倍楽しんでいただけているのではと思います。会場ではなかなか逢えない関西の友人たち、ブログつながりで初めてお逢いする方、またセミナーに参加下さった方々などお忙しい中貴重な時間を割いて来てくださってありがとうございました。はじめてお逢いする方も、はじめてなんて思えないくらいさらりとお話ができてやっぱり写真のチカラってすごいな、って思います。年齢も性別も生きてきた時間も職業も超えられる・・・写真を続けてきてよかったと思う瞬間です。写真展も今日で4日め。毎回時間が過ぎるのが早くて早くて。写真が巡り合わせてくれた一人一人との出逢いを愛しみながら今日も過ごしたいと思います。

添削の返却のご案内 以下新規アップ

昆虫
11 /25 2010
大変遅くなりましたが、9月に行いましたセミナーの添削を発送いたします。普通メール便で送らせていただきます。到着まで2~3日かかると思います。一部返送用切手等を送っていただいた方は郵送です。大変遅くなって申し訳ありませんでしたが、お受け取りよろしくお願いいたします。尚、1週間経過しても着かない場合はご連絡ください。カテゴリーの項目で写真集完売のお知らせに連絡先を明記してあります。よろしくお願いいたします。
羽の傷んだヒョウモンチョウがシダの葉に留っていました。
この記事を次の写真展のお知らせのすぐ下に置きます。その下に数点新規をアップしておきます。留守中は画像のないものをアップ出来ればと思います。
DSC_4198-1.jpg

日が暮れて

昆虫
11 /25 2010
ツリガネニンジンBの場所へ行く頃は大抵日が暮れています。夕方は45分くらい撮影に出かけていて1か所行けば時間切れ~という感じです。日が暮れて暗くなってきたれどこんな青っぽいのも、補正する必要なくそれらしくていいかもしれません。では行ってきまーす。
DSC_4015-1.jpg

デジタルを始めて

風景
11 /25 2010
デジタルを初めてブログを始めてフイルムでは出来なかった記録するようになりました。フイルムだとこの添付のように枯れたものが目立つ場面は作品として撮れませんでした。まだ日中は暖かいので蝶も蜻蛉もバッタもいます。母のところではブルーベリーや柚子の花が咲いていました。草むらではスミレ、秋に咲くアザミではなく初夏のアザミも咲いています。そういえば土手はイバラやアザミが多くレインダンサーはすぐボロボロになります。最初は汚れたら洗っていたけれど、毎日のことなのですぐ洗わなくなりました。(汗)恰好を気にしていたら撮れない、と撮影していて思います。
DSC_2556-1.jpg

水のチカラ

風景
11 /25 2010
毎日玄関を開けると見える公園のコナラや大通りのイチョウを観察していて、色が変わる瞬を心待ちにしていました。紅葉には雨も一役かっていて、雨も楽しみにしていました。先日の雨で瞬く間に紅葉が進みました。夕方見ていた葉っぱの色と朝雨の中の葉っぱの色とあきらかに違い色づきました。うわ~すごい。一晩でこんなに変化するんだ・・・。草むらはこの雨で枯れてきているのが増えてきていて やっぱり うわ~です。空も大気も草花や木々も・・・毎日が違う。枯れていくものもこれから成長するものも途切れることなく繋がっていてとっても新鮮です。毎日が新しい。だから私も新しい気持ちで毎日が過ごせるような気がします。今日から大阪。仕事で出られない友人に変わり搬入です。私の時も友人知人、初めてお逢いした方にまでお手伝いいただきました。そして来場して下さる皆さんに。けして一人ではできなくて支えあってできるものなので、いつも思うことは「できることを精一杯」です。
DSC_5058-1.jpg

写真展のご案内

お知らせ
11 /19 2010

「風の道 水の旅 奈良麗峰」 米谷 昌浩写真展

風景写真より 写真集「風の道 水の旅 奈良霊峰」を出版

日時 11月26日(金)~12月2日(木)
午前10時~午後19時(最終日午後14時まで)

場所 富士フイルムフォトサロン大阪 

   〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3-5-11 
   富士フイルム大阪ビル1F
   TEL 06-6205-8000   FAX 06-6205-8100


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自然からのメッセージ」ネイチャーフォト「青」の会

日時 11月25日(木)~12月1日(水)
午前10時~午後18時(日・祝日休館  最終日午後15時まで)

場所 アイデムフォトギャラリー「シリウス」

   〒160-0022 
   東京都新宿区新宿1-4-10
   電話 03-3350-1211

お近くの方は是非お出かけ下さい 

しばらくはこの記事の下にアップいたします




秋夕 4

昆虫
11 /19 2010
太陽の光が低い所を通り長い波長で届く秋は特に光がやわらかく赤、橙色が美しく草むらの紅葉が宝物のように輝いて見えます。夕方撮影をしていてゴーストが入ってもそれも雰囲気がでて好きです。さてススキの紅葉シリーズですが、今回もチガヤ。ススキで何年かぶりにお気に入りが撮れたのでパソコンの壁紙をコスモスからススキ蜻蛉に変えました。また何かの機会にご覧いただければと思います。で、チガヤは世界最強の雑草という異名があるくらいしつこいくらい増えます。そういえば母はこのチガヤの若い穂(まだ穂が外に出ていない時)をよく食べたといっています。あまいんだそうです。昔は甘いお菓子がなかったため、春に出るスカンポなんかもお菓子変わり。でも畑に生えるともう大変・・・・。母は挌闘していますよ。私はサツキなんかの花の蜜や蘭の蜜が好きで小さい頃よく口にしました。もしかして私は蝶だったかも!?なんて友人に話すと。寝言は寝てからだよ、と右から左です(笑)
DSC_4107-1.jpg




天使の休息 3

昆虫
11 /19 2010
ススキのゆりかごのつづきです。ススキの紅葉シリーズ3まできました。クサキリかな。ススキの横に生えているチガヤにいましたがしっかり見ていないと葉っぱと見間違うほど。隣のススキにも留りますが、ススキの中は煩雑で小さくて細いクサキリは目立たないのでチガヤにいるところを撮影しました。神経質で気配がすると飛ばないでさっと見えない方向に隠れます。夕日を浴びてあたたかそうでした。さて友人米谷氏の写真展が近づいてきました。私は期間中受付の応援です。友人には忙しい中貴重な時間を割いて会場に足を運んでくださる方々と和やかな時間を過ごしてほしいと思っています。皆さまとは会場でお逢いできる日を楽しみにしています。で、その1週間の留守のため色々大忙しです。新しく更新もできなくなるので今のうちに出来るだけ更新します。秋夕につづきます。
DSC_4574-1.jpg

ススキのゆりかご 2

風景
11 /12 2010
ススキの紅葉のつづきです。煩雑で申し訳ありません。ススキに生みつけられたオオカマキリの卵です。秋になるとあちこちの草木にカマキリの卵を見かけます。彼岸花の頃は彼岸花に卵を生みつけているのを見つけましたが、あのアワアワの中にたーくさんの赤ちゃんがつまっているなんてすごいですよね。この日見つけた卵。ススキのゆりかごに揺られて春までどんな夢を見るのだろう。天使の休息へつづく
DSC_3951-1.jpg

ススキの紅葉 1

風景
11 /12 2010
紅葉が進んでいますが、紅葉は樹々だけのものではありません。草紅葉というくらいですから、草花の紅葉はそれはそれは様々な色に染め上げられ変化に富んでいます。私が特に好きなものはススキとチガヤ。赤、黄、オレンジ・・・ぬくもりを感じるあたたかな色彩でこちらの心まであたためてくれます。樹々らが葉を落とし大地へ還り大地を豊かにしてくれて、その身が未来の若葉へのエネルギーとなるように、生き物たちを育むように草むらでも同じことが繰り返されています。ススキのゆりかごへつづく。
DSC_3944-1.jpg

写真展のご案内(3件)

風景
11 /12 2010
「水の惑星」三浦 正博写真展

 同時(株)風景写真より 写真集「水の惑星」出版

日時 11月18日(木)~28日(日)
   午前9時~午後16時半まで(最終日15時半まで)/22日(月)休館

場所 本宮市白沢ふれあい文化ホール
   福島県本宮市宮字南町38  ℡ 0243-44-3185

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2回「心酔アカデミークラブ展」

日時 11月18日(木)~11月24日(水)
    
午前10時~午後18時(最終日午後15時まで)

場所 富士フォトギャラリー大阪
   大阪市中央区本町4丁目6-17 本町KGビル1F
    06-6261-2323)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
「ぎふ・ビタミンフォトグループ展」

日時 11月19日(金)~11月25日(木)
     午前10時~午後18時(最終日午後14時まで)

場所 富士フイルムフォトサロン名古屋
〒460ー0008 名古屋市中区栄2-1-1 日土地ビル2F
   ℡(052)204ー0830

お近くの方は是非お出掛けください

しばらくはこの記事の下にアップいたします


初霜

風景
11 /12 2010
昨晩夜11時のベランダで・・・空が澄んでる。それにこの凛とした大気。明日は霜が降りそう!と思い、朝が来るのが楽しみでした。予想通りうっすらとでしたが霜が降りました。背筋がぴしっと正されるようなこの大気。好きだな~って思いながら霜との再会に喜々としていました。本当にうっすらで所々にしか降りていませんが、砂糖菓子のようでうっとりしました。冷え込んだので昨日より紅葉も抜けがよく鮮やかになって、なんとも幸せな気持ちでした。
DSC_4355-1.jpg

ナミナミドレスタイプ

風景
11 /12 2010
さて最後はナミナミドレスタイプです。向こう側のボケた花びらもこの花なのでかなり大きいドレス。二つの花が一つになって咲いたようで花芯も二つあり足みたいでした。前から見ると空に抜けてしまうので後ろ姿です。今日はAの撮影地で普段は時間もないため広い土手の10mほどの場所にしかいっていないのですが、今日は夕方風が強く蜻蛉も下の方にいたので土手を少し歩いてみました。そこで咲いていたナミナミドレスタイプです。お姫様のドレスみたい。こうして様々なパターンを大まかにご覧いただきましたが、皆個性を精一杯輝かせて生を謳歌しています。自分自身もそうありたいと思いますね。観察しながら相変わらず妄想が多いのですが、金色の花もあるかも?!なんて思ってしまいました。(人間は金髪の方がいますからね)外国から旅行?なんて話しかけそうです(笑)
DSC_4274.jpg

シロバナタイプ

風景
11 /12 2010
そしてシロバナタイプ。ごく稀にシロバナも見かけます。純白と言っていいくらい紫のかけらもありません。ただこのタイプは背も低いし花数も少ないです。
DSC_2712-1.jpg

薄紫タイプ

風景
11 /12 2010
薄紫タイプです。このタイプで真ん中の茎から花までの茎の長さが短いもの長いもの、色がもう少し薄いもの花の形がもう少し細長いもの、丸いものなど色々です。
DSC_2641-1.jpg


小花ブーケタイプ

風景
11 /10 2010
前回は紫色の濃いスタンダードタイプをご覧いただきましたが、ここからは薄紫タイプ~白花タイプです。で、今回は株はそれほど大きくないのに花付きがやたらと多いタイプ。スタンダードタイプより大きさ小さめ。花は丸め。葉っぱの分の栄養を花に注いだのでは?と思うほど。でも確かに下の葉っぱは限りなく少ないです。気がついたときにはかなり枯れたものが混じっていたのでハイキーです。一株から沢山茎が出ていて沢山花が付いていてブーケみたいです。素敵!
DSC_2750-1.jpg


ツリガネニンジン スタンダードタイプ

風景
11 /09 2010
草むらも秋から晩秋へ。民さん(ノギク)ツリガネニンジン、りんどう・・・と薄紫の花が草むらを彩っています。さてツリガネニンジンの撮影地はAとB。昨年まではもう一か所ありましたが、草が生えない様に黒いシートが張られてしまい今年からなくなりました。でAもBも植生は似ていますがその場所をとりまく環境がちょっぴり違うのでそこに住まう天使の種類もちょっぴり違いますが、通ってモンシロ、キチョウ系、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラナミ、ミヤマアカネ、アキアカネ、モノサシトンボ、バッタ類を確認しています。まだまだがんばってくれていてうれしいのですが、モンシロ、ベニシジミ、アキアカネやミヤマなんかはがんばっても後1か月くらいかな。チョウや蜻蛉たち、草むらに留っていたり、花に留っていたりですが、枯れた花や茎に留らず、まだ枯れてないのに留っているとやっぱりうれしいです。ご褒美をもらったみたい。先日はヤマトシジミ。今日夕方はウラナミシジミでした。今日はAとB珍しいことに両方で見られましたが、Aはまだ羽化してそう日にちが経ってない若者な感んじ。Bは長生きさんで羽が傷み鱗粉もかなり落ちてナミナミ模様も薄くなっていました。5時前で暗いし風が強く前後左右斜めの風でピント合わせがデジタルでも一苦労でした。今風がやんでいるので明日朝も風がやんでいればフイルムで撮ってみよう。さてツリガネニンジンは変異が多いと以前書きましたがホントに様々です。で、ちょっと枯れていて申し訳ないのですが、スタンダードなタイプから添付してみようかと思います。
DSC_3421-1.jpg

満天の秋

風景
11 /08 2010
先日山に行ってきましたが、ブナの黄茶葉の紅葉に目を見張りました。あまりにいい色だったので林道に寝転んで眺めていました。今年の夏暑かったせいかミズナラもブナ、コナラなど紅葉する前にちじれてしまうものを見かけていたので心配していましたが、いい色で紅葉しているものもありほっとしました。紅葉する葉っぱの先には来年生まれる若葉の芽。生まれ出るその日を夢見ながら厳しい冬を迎えます。美しい秋色に優しく包まれてひと休み。明日もがんばろうね、って励まされました。
DSC_3168-1.jpg

プリントチェック

昆虫
11 /06 2010
今回の大阪行きは友人のプリントチェックです。第三者の見方感じ方もとても参考になります。全紙、全倍で33枚。やっぱりプリントっていいなぁ~。その中でデジタルカメラで撮った作品が6枚。結構な数です。デジタルの苦手な状況が作品の中に部分がどうしても出てしまったプリントもありましたが、それよりも何よりもデジタルだからこそ作品化出来たということで表現の幅、可能性が広がったと思っています。状況によって使い分けてこそフイルムとデジタルの良さを最大限に生かしているものだと思っています。7割方OK。後は再プリントです。流石に一発OKは難しい。でも1枚1枚見ていてとても勉強になりました。さて今撮影に向かっている処は土手。ツリガネニンジンの土手です。昨年までは3か所ありましたが、今は一つだけになってしましました。この2か所やはり植生がよく似ており住まう天使たちも大体同じです。この子はウラナミシジミ。その名の通り裏羽がナミナミで美しい模様です。ここでは4頭見つけました。この蝶も好きです。土手には食草のフジがあります。
DSC_2789-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。