害獣とは

風景
03 /30 2012
ツリガネニンジンBの場所の土手の下の農業用調整池に水が入りました。葦も撮っていた場所です。冬の間は水が抜かれていますが、春になると田植えが始まるので水が入ります。、、、が今年は水がひたひたで倍近く。限りなく満水に近い状態です。昨年はここでカラシナを撮っていましたが、撮影後数週間で防草シートが張られ数週間前池の底がユンボで掘られてカラシナは数えるだけになっていました。それでもこの池が好きでちょくちょく出かけていましたが、今日水面を泳ぐものが。あれっ?と思って後ろ姿を見ていてあ・・・ヌートリア。(毛皮にされるために連れてこられた帰化動物でちょこっとビーバーに似ている)以前はいなかったので水が入った時どこからかお引っ越しをしてきたようです。よそで何度か見たことはありましたが、この池は初めてです。池の淵の土手に生えているギシギシの葉を両手を使い黄色い歯でムシャムシャ平らげています。300ミリを持って少しづつ近づきその距離2メートル。人慣れしているのかな。それ以上距離を縮めようとすると水の中に入ります。害獣として扱われていますが元は人間の都合で連れてこられたその子孫ですからシャッターを押しながら切なくなってしまいました。

DSC_4485-1.jpg
DSC_4506-1.jpg


粗忽便り

風景
03 /29 2012
10日ほど前のこと。早朝寒かったので台所のストーブを着けて10分ほど経って火力の調節をしようとかがんだ時きゃっ!と顔をあげました。左の髪の毛がジュッ・・・。3センチくらい燃やしてしまったのです。急いで(今更急いでも???)ハサミで燃えた部分をカット。左右長さが違うことになりました。そんな相変わらずの粗忽な話ももう少し暖かくなったらないかな。今日は暖かくテントウムシがベランダに遊びにきてくれました。こちらのソメイヨシノもほころび始めました。大好きなパステルカラーの季節ヒメオドリコソウやホトケノザも盛りですが、紅い葉っぱは難しい。マクロの時はなるべく色の薄いものを選んでいます。

DSC_1824-1.jpg


写真展のご案内

お知らせ
03 /24 2012
「奈良写真絵巻2012」~大型プリントで魅せる四季の彩り~

日時 3月27日(火)~4月1日(日)

午前9時~午後17時
初日は午後12時より最終日は午後16時まで
休館毎週月曜日

場所 奈良県文化会館 
   近鉄奈良駅下車 1番出口から東へ徒歩5分

お近くの方は是非お出かけ下さい

しばらくはこの記事の下にアップいたします

忘れな草

風景
03 /24 2012
大好きな忘れな草の花が咲きました。空色でとってもメルヘン!レンズを覗きながら夢心地です。咲いたのは知っていましたが歯が痛くてこの3日撮影に出かけることができなくて、痛み止めがようやく効いてきた今日撮影しました。たまにはハイキーもいいですね。
DSC_4223.jpg

桜便り

昆虫
03 /23 2012
奈良の下北山村の山桜が毎年早いので見に行ってきました。咲いていた場所は離れていましたが山桜は2本だけで1分咲きくらいでほころび始めといった処でした。ですが、今咲いている花はこの2本というだけあって、越冬から目覚めたイカリモンガ(昼行性の蛾)とコツバメ(シジミチョウ科で裏羽は茶系表羽は薄い水色)が吸蜜していました。距離があるので300mにテレコンそして目を離さない様に眺めていました。イカリモンガは模様がおもしろくこの時期昼桜やスミレ、カタクリなどに吸蜜するので初めて見た時は蝶と思っていました。あ、でも私の中では蝶ですけれど。奈良もコヒガンザクラから始り山桜、ソメイヨシノと桜前線が訪れました。コツバメは羽をなかなか開かないし濃い茶系なので添付はイカリモンガです。ささやかに花を開かせているものを探し探し吸蜜していました。

DSC_4205.jpg

充電終了

風景
03 /21 2012
昨日、越冬からめざめたキチョウがヒラヒラと飛んでいるのをみかけました。キタテハは2週間前。草むらを歩けば同じく越冬からめざめたツチイナゴがぴょんと飛んでいます。全体的に遅めでしたが高知で桜もほころび始めました。日々賑やかになってきていますね。私もその輪に入らせてもらおうっと。

DSC_3669.jpg

あわてんぼうさん 寒の戻りの頃

風景
03 /16 2012
先日母の処で用事を済ませ帰ろうと車に乗りかけた時、足元に目をやるとしなびれたトノサマガエルがいました。うーん?よーく見るとお腹はぺちゃんこ身体はしわしわで乾いています。先日18℃前後気温が上がった時に冬眠からめざめて、、、その後雪がちらつくくらい気温が下がったけれど土の中に帰れずそのまま動けなくなり3日くらいお外にいたのかな~?という仮説をたてました。触っても動きません。とりあえずひょうたん池でふやかしたら戻るかも???と思いフリーズドライのものを戻す思いで池に浸けること30秒。。。微かに手足が動きだしました。あっ、動いた!戻るかも。そんなことをしていると、後ろから母が、今外に置いといても水に入れても寒いから、バケツに入れてニボシ入れて温室の中に入れる!と言い。早くちょうだい、と言って温室に持って行きました。そして3日後温室に見に行ったら・・・しわしわだった皮はやわらかになり普通のカエルの皮の感じではありませんがふやかった?カエルという感じになってうんうん生きてる生きてる、とひとまずホッとして温室を後にしました。とりあえずよかった。後ちょっと我慢してね。冬眠中のカエルを見るのは初めてではありませんが、冬眠から覚めて動けなくなったであろう後しわしわのカエルを見たのは初めてでした。今朝は冷え込んで薄い氷が張りましたが明日は彼岸の入り。明日明後日の雨で春への階段をまた上ります。それにしても・・・カエルはハエとかの昆虫がゴハンでニボシって。。。

DSC_3867.jpg




祈りの日

風景
03 /11 2012
今日に間に合わせたかった福寿草です。 心をこめて。

DSC_3831.jpg




感謝

風景
03 /07 2012
3日前の夜車に乗ってエンジンをかけて走行距離の数字を見たら走行距離が18万キロピッタリでした。6年と4か月。特別な遠出は電車ですが、日ごろ運転しない日はありません。そしてお隣の県に時々行くくらいで身近な場所を回っていますが、大きな事故なくよく走ってくれてると感慨深いものがあります。私の一番のパートナーです。小さな事故はありますが(大抵年末)大きな事故なく過ごしているのでありがたいです。目指せ30万キロですが、ここ1~2年少しづつ直し直し。その後ブログのカウンターを見たら9万でした。こちらもいつもご覧くださってありがとうございます。
DSC_3441.jpg

三寒四温

風景
03 /07 2012
この前の雨の日野バラの様子も見に行きました。まだ実の付いているものもありますが、黒っぽくなり雪の日から随分落ちました。鳥も食べたのかな。よく見ると実が付いているものは葉っぱ芽で赤ちゃん。葉っぱはあまり大きくなっていません。実が落ちているものは葉っぱがよく出ていました。樹ものっぽい草花ものでは野バラの新緑が一番早いのかもしれません。三寒四温ですね。体調に気を付けてお過ごしください!

DSC_3687-1.jpg

DSC_3717.jpg


啓蟄

風景
03 /05 2012
今日は啓蟄。暖かくなり何処にこんなにいたの!というくらい登場する子たちをにこにこしながら眺めています。流石に雨の日はお休み静かではありますがこの雨の恵みでまた一段春への階段を登ったようです。先日結構な雨の中ブログ用に梅の花を撮っていて20分くらいするとお腹がぐーっ。。。お腹が空くと急激にテンションが下がります。レインダンサーもそこそこびしょ濡れになり早めに撮影を切り上げました。さて難しいのは紅梅の開いた花。いい枝も見つからず毎回手こずっています。

DSC_3606-1.jpg


パワフルに

風景
03 /01 2012
確か2週間ほど前頭の上でヒバリのさえずりを聴きながら水たまりの氷を撮っていましたがここ2日日中14~15度で暖かい日です。ナナホシテントウやカゲロウ、イモムシもボチボチ。ベニシジミも蛹になり中ごろから下旬に羽化しそうです。そして先週、今週の雨の恵みで一気に梅の花もほころびミツバチも元気よく蜜集め。背伸びして撮った白梅にミノムシかわいいなぁ・・・。なんとも穏やかな春の日。花粉も沢山飛んでいてうーん・・・と言った処ですが、どんなに寒くても暑くても季節は巡って時間も過ぎて行きますね。今日から3月。年度末で棚卸で別れと出逢いの季節。皆さまもお忙しい毎日を過ごされているかと思いますが、パワフルに!前向きに!私も春の撮影に向けて撮影に向かう途中に頭の中のイメージを整理中。何故か私は車の中が一番落ち着いて考えられるから不思議です。そして冬のポジも整理中です。ポジなどは今整理しておかないとまた冬まで溜めてしまいます。

DSC_3540-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。