梅雨の晴れ間

昆虫
06 /29 2012
梅雨の晴れ間。兎に角暑くなると朝から撮影でバテるのでテンションを上げる音楽と香。ちょこっと頭の中をからっぽにする時間・・・の今日この頃です。皆さまも体調に気をつけてください!ナツアカネが飛び出しています。
DSC_4842-1.jpg



噛んで噛まれて

は虫類・両生類
06 /26 2012
カナヘビって共食いするのだっけ???それとも犬みたいにあま噛み?それともカナヘビ的ナンパ?ケンカ?教育的指導?噛んでいるの噛まれているの初めて見ました。近づいたら離して逃げてしまいました。

DSC_5528.jpg

スマイルその2

昆虫
06 /25 2012
今年初めて撮ったキアゲハ。キアゲハの発生地の湿地も除草の繰り返しで植生が変わり食草がなくなりもう何年も幼虫の姿がありません。このヒメジュオンに2頭角度を変えて留っていたので色々な角度から撮ってみました。やっぱり羽の模様が素敵。ほんと久しぶりです。そして今年大発生したモンシロチョウ。くらくらするくらいあちこちにいます。
DSC_5796-1.jpg
DSC_5495-2.jpg

スマイル

昆虫
06 /24 2012
笑っているみたいなアンテナくんと呼んでいる今年もセマダラコガネ。 裏羽が白くて(銀色)なかなか羽を広げてくれないウラギンシジミ。裏羽も明るいオレンジのベニシジミ。笑顔になれる時間ですね。

DSC_5008-1.jpg
DSC_4873-1.jpg
DSC_4866-1.jpg

夏の夜の・・・

昆虫
06 /23 2012
夏の夜の醍醐味といえばコンビニなどの店の灯りに寄ってくる天使たち。24時間営業の店に夜入る前は必ず窓側付近を一通りチェックします。暑くなってきたので夜コンビニなんかに行くと色々見られて楽しいのです。先日夜ガソリンを入れに行ったら隣の給油口の下にノコギリクワガタの女子がいました。ひっくり返ってなかなか起きあがれません。結構大きい子です。こんな処にいたらひかれる、と思い拾ったらスタンドのおじさんがやってきて、よく夏になるとカブトとかがひかれてるんだよ。持っていってちょうだいよ、とのこと。帰りに住宅から離れた雑木林の樹に留らせてきました。また灯りに向かうかもしれないけれど、その時はまた拾ってもらえるといいな。甲虫や大型の蜻蛉の季節。レインダンサーはサウナスーツと化しぐったり暑くなるけれどがんばろう!って気合いをいれました。

DSC_5377.jpg


遠い・・・

風景
06 /20 2012
遠い・・・そして小さい。。。久しぶりにコウホネの咲く池に行ったら睡蓮の葉っぱの上にセキレイがいました。ゴハン食べているようでしきりに葉っぱの上にあるものをついばんでいました。遠い・・・は300mにテレコンを付けても遠すぎたので・・・やむなくトリミングしたので心の声が。倍は欲しいです。鳥を撮っているとどうしても長くて明るいレンズが欲しくなります。宝くじ当たらないかな・・・!(笑)あじさいの場所に行くと他を周れなくなるので撮ろう撮ろうと思って忘れていた池の花。今日やっと。まだチョウトンボは出てきていませんが、ギンヤンマやシオカラトンボ、ショウジョウトンボ等々はいます。水路ではそろそろオニヤンマの羽化が始まります。

DSC_5227-2.jpg

ゲンジボタル

昆虫
06 /20 2012
5日前くらいに見つけたゲンジホタル。朝の時間毎年あじさいの葉に一~二匹くらい見つけます。あじさい以外の辺りの草木にもいるのだと思いますが煩雑な場所なので、あえて探していません。夜の方がホタルらしいのかもしれませんが、光って見えない時間も風情がありうちわのや扇子の絵柄になりそうですね。この添付はホタルしか切り取っていませんが、この後ろにアマガエルの子供がいます。陸に上がったばかりの子供たちはゴハンという認識がないようで傍にいても食べる気配はありません。最終的には横並びして通り過ぎてしまいました。さてこうしてみても沢山の天使たちがあじさいには集っていますが蝶、蛾、クモもカナヘビ、カナブン等なども住んでいてホント賑やかです。
DSC_4500-1.jpg

旧マクロレンズ復活

昆虫
06 /18 2012
うれしいことに諦めていた旧マクロレンズが直りました。もう無理だと思っていましたからよかったです。Di以外の旧90ミリマクロレンズは修理出来ない可能が大というお話でした。修理していただいてからレンズを何度も使いましたが、以前のままです。同じころ同じようなヘリコイドの(ピントリングのすべりが悪くなった)不具合で修理に出されたものがあったそうですが、それは修理不能だったようです。今旧マクロレンズのヘリコイドの修理は状態により二分の一くらいの可否だそうです。新しいレンズ購入はやめて今まで通り使うことにしました。10年近く使っていますが、透明感があり抜けの良いレンズでよく働いてくれて大切なパートナーです。ありがとうございました!ところで台風がきています。昨年の9月を思い出し心配しています。雨風ともに強いので被害が起こりませんようにと祈っています。どうか皆さまご無事で。さて身をよじっているナメクジの赤ちゃん。まだ白くて小さくてかわいい時期ですね。小さい頃カタツムリの卵と思って飼育ケースに入れて持ち帰り孵ったら、、、ナメクジが飼育ケースにいっぱい沢山沢山孵っていた時はええっと・・・どうしたものか。。。と思った私。ナメクジちゃんごめんなさい。
DSC_4549-1.jpg


宝石

昆虫
06 /16 2012
丁度先週の土曜日にあじさいの花に卵を見つけました。蛾なのかカメムシ系なのかはわかりませんでしたが、パールのような輝きでゴマ粒よりも小さいです。あじさいの花に付いた素敵なアクセサリーです。何の卵なのか?というのは生まれたらわかるし夢がなくなるし楽しみが半減するので調べていませんでした。そしてしばらく観察。今回はとても小さいものなのでマクロレンズに中間リングを付けて等倍以上でも撮影しました。生まれるまで細やかに観察しようとちょくちょく見に行っていました。・・・が昨日の朝見に行ったら卵の付いた花がありません。あれ?確かにここにあったのに。他の沢山の花には付いていませんでしたから、もうがっかりです。何本か枝が切られた後が。来るのはゲートボールをする人くらいで、この卵をわざわざ観察するのに誰か持って行くとは思えなくて・・・でもなくなったのは本当でがっかりで悲しい。見落とすはずがない、それでも見落としていないか、どうしても、諦めきれなくて昨夕、今朝、今日の夕方と見に行ってしまいましたがどれだけ注意深く見てもありませんでした。小さな小さな小さな卵。白いものは空や紫陽花の空色を映して真珠・オパールの輝きで、色が変わってきていてもうすぐ孵化というものは金色、銀色メタリックでどちらもいつまでも見ていたい宝石のようでした。何処かで無事に生まれてくれているといいなぁ。。。

DSC_3378-1.jpg

ナリキリ

昆虫
06 /11 2012
アマガエルの子供は一昨日より昨日朝の方が数が増えていました。沢山いても太ってるのスマートなの、模様が入っているの・・・と個性がありおもしろいです。で、昨日はシャクトリムシを見つけました。先は葉っぱに挟んで直立不動枝の竹の茎枝にナリキリです。それにしてもよく出来ています。身体の模様も目に見えたり、小さなクモに見えたりしておもしろくへぇ~ってやっぱり感心。目で見るのには限界があるので、マクロレンズってそういう意味でも役立ちます。上は竹がかぶさるような感じですので枯れた葉っぱや枝が花の上に結構落ちて(添付2枚目みたいに)きます。それに似せて外敵から身を守っているんだね。(大丈夫私は食べないよ)でもガガンボが飛んできて2~3回身体にあたっていったら(あ~もう!バレちゃうじゃないって)身体曲げたから、流石生きてるもんねと思いました。微笑ましいですね。今朝は昨日のアマガエルの子供たちは何処かへ移動したらしく10分の1以下になっていました。今年は上がり始めてから細かく観察していますが、やっぱりピークはあるみたいです。

DSC_3426-1.jpg
DSC_3464-1.jpg
DSC_3454-1.jpg

ワラワラ

風景
06 /10 2012
近づくと逃げるのでここでは180ミリ、300ミリの望遠です。フイルムとデジタル。大きなレンズの雨の日の交換が厳しいです(手が5~6本欲しい!)あまりに揺れて止まらない時はデジタルが活躍。感度は上げすぎないように、自分の中で線引きしています。もっとマクロ(等倍以上)で前後に揺れるとデジタルも厳しいので、風がやむのを待ちます(なかなかやまない・・・)フイルムは止まったかな?!という瞬間の神頼み。1カットでも撮れていたらよしです。今こうして沢山いる子供たちも10日くらいするとどこへともなくいなくなります。一番好きな空色のあじさい。冷えたラムネの瓶の炭酸の泡を見ているような清涼感です。
DSC_3093-1.jpg






梅雨 今年もアマガエル

風景
06 /09 2012
昨日、一昨日、三日前の3日間いつものあじさいの植えてある田圃脇と公園を見に行っています。3日前、親アマガエルとクモやバッタ、カタツムリ、カマキリの赤ちゃんくらいしかいなかった田んぼ脇のあじさいには夜からの雨のおかげか昨日朝子供のアマガエル達が沢山沢山上がってきていました。この雨で一気に住人が増えた、という感じです。私が近寄るとワラワラあちこち逃げて行きます。子供たちは警戒心が強い。ちなみに親カエルはそうでもありません。結構のんびり、余裕、貫禄があるように見えます。昨日朝は土砂降りの中撮影で、レンズにはタオル。4枚使いました。さて土砂降りな上風があり。横から見ると田んぼ⇒車が一台通れる道⇒あじさい⇒水路⇒小さな土手⇒竹 という並びなのですが風が吹く度にボタボタ・・・と竹から大きな雫が。葉っぱも花も揺れてなかなか止まりません。ああっ今シャッタースピード2秒なのに。。。(心の声)水路をまたいで三脚を立てて足場がないのでファインダーを覗くのに片足を上げて背伸び。ああ、怖いんだけどこの格好絶対変!そして爪先が痛い。(心の声)でも一番大変だったのが雨の中のレンズ交換。ヒヤヒヤしながらでした。そしてふ~っ。息を止めてシャッターを切るのでシャッターを何回か切った後息継ぎ。楽しいけれど緊張感たっぷりの時間でした。

DSC_2772-1.jpg
DSC_2780-1.jpg





林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。