明日から師走

風景
11 /30 2012
朝は霜を撮ってから紅葉。今は落ち葉に移行中ですが、今年は身近の広葉樹の紅葉がいつもの年より早くそしてやはり赤く紅葉する葉っぱが抜けが良くちぢれていないので素敵。13年ぶり?くらいのような気がします。おサルの場所に出かけましが、いたのは最初の日だけそれからはいませんでした。来年の準備と年末、年賀状もまだ。今年は毎年恒例の友人らと集まる企画も出来ないまま年を越しそうで申し訳ないなぁと自責の念が日々つのっています。さて、母がよくぼけた色好きね、という色。でも私は淡い色が好きだしパステルカラーが好きでちょっと飛び気味が好きです。12月に入れば冬至も間近。夏至と冬至は撮影時間と気持ちを切り変える私の大切な日。心の準備をしながら迎えます。

DSC_4085-1.jpg

2013年3月開講 フォトスクールのご案内

フォトスクールのご案内
11 /25 2012
2013年3月より写真家米谷氏と大阪でフォトスクールを開講する運びとなりました。
昼の部(A13時~15時・B15時半~17時半)お申し込みの方は米谷氏までご連絡下さいませ。
以下3月からのフォトスクールの詳細を記載させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
しばらくはこの記事の下にアップいたします。

第1期受講生

米谷昌浩・林幸恵のフォトスクール とっておき!
(昼の部13時~15時・15時半~17時半)

第1期受講生募集中
(定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください

受講料:25000円(分納可)実習のバス代金は別途となります 
    4カ月集中講座:月2回、最終月のみ3回 計9回。

講 師:米谷昌浩・林幸恵

定 員:20名(Aスクール・Bスクールそれぞれ)

スクール会場:富士フイルム大阪ビル2F会議室  大阪市中央区備後町3-5-11
(富士フイルムフォトサロン2F)
時 間:Aスクール 13:00~15:00 / Bスクール 15:30~17:30
毎月第1木曜日は教室でセミナー、第3木曜は撮影(実習)に出かけます。
※(実習は天候・被写体によって日時・場所が変更になることがあります。)

風景撮影・マクロ撮影(自然)を素直に楽しむフォトスクールです。
デジタル、フイルム いずれでもOKです。
被写体の観察から撮影の仕方、作品の選び方、さらに一歩進んで
フォトコンテスト挑戦、写真集(フォトブック)の制作、写真展の開催に至るまで
体験をもとに的確にアドバイスします。
もちろん、今から写真を始める方も大歓迎です!

  実施日    内    容      場所     Aスクール    Bスクール
1  3/12(火) 講師による写真講座 教室    13:00~15:00   15:30~17:30             
2  3/28(木) 撮影実習        野外
3  4/ 4(木) 前回実習の作品研究 教室    13:00~15:00    15:30~17:30
4  4/18(木) 撮影実習        野外
5  5/ 2(木) 前回実習の作品研究 教室    13:00~15:00    15:30~17:30
6  5/16(木) 撮影実習        野外
7  6/ 6(木) 前回実習の作品研究 教室    13:00~15:00    15:30~17:30
8  6/20(木) 撮影実習        野外
9  6/27(木) 前回実習の作品研究 教室    13:00~15:00    15:30~17:30 (総まとめ )

フォトスクール 今後のスケジュール予定
第1期 2013年3月~6月(2013年3月の第1回目の教室のみ3月12日(火)スタート。)
第2期 2013年7月~10月
第3期 2013年11月~2014年2月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ご案内チラシをメール・郵送にてお送りいたします。

お問い合わせ・お申し込みは、米谷昌浩写真事務所まで
携帯 090-3676-8712  FAX 0743-57-2245
PCメール masahiro-k@muj.biglobe.ne.jp

お申込みいただいたお客様の個人情報につきましては、
厳重に管理し、また許可なく第三者に開示、提供いたしません。

余談ですが、今朝紅葉の撮影をしていたらおサルが・・・目の前に座りました。
DSC_3958-1.jpg

季節の狭間に その3

風景
11 /22 2012
そして最後、日が沈む頃に見つけたのはキチョウの越冬組。雪模様の中で静かに留まっていました。留まっている処は一日日陰なのでこの子は春までこのままで、雪がもう少し積もれば埋もれてしまうんだろうなぁと思いました。越冬組のすごさは雪に埋もれても生きていること。私には無理。何度見ても神秘的というか・・・とても不思議です。日が暮れると一気に冷え込みが増しましたが、ここでも随分長いこと留まりました。さて細かく見ているときりがないのですが、見るときはゆっくりじっくり・・・なので人様をよく待たせてしまいます(気の毒に・汗)。
DSC_1104-1.jpg

写真展のご案内

お知らせ
11 /13 2012
ネイチャーフォトクラブ「一会」第7回写真展

日時  11月20日(火)~25日(日)
    展覧時間 9:00~18:00
     (初日は12:00から、最終日は17:00まで)


場所 奈良県文化会館   〒630-8213  奈良県奈良市登大路町6-2
             TEL 0742-23-8921 FAX 0742-22-8003
   休館日:月曜日 (休日の場合 翌日以降の平日)
      
   主催 ネイチャーフォトクラブ「一会」
お問い合わせ先 0745-65-1815
                (梅本)

しばらくはこの記事の下にアップいたします。


季節の狭間 その2

昆虫
11 /13 2012
ミッケ。まるで視覚探索のような毎回そんな自然観察(撮影)です。もっと右の雪と葉っぱを見ていたのですが、左の隅っこになんかいる、と違和感で横を見たらナナフシ。前回のはトビナナフシですが、今回のは小枝に見えますね。そもそも夏モノで越冬しないのでここまでよくがんばっていましたが、流石にこう寒くなっては、です。葉っぱと一緒に土に還ります。

DSC_1433-1.jpg
DSC_1443-1.jpg

季節の狭間に その1

風景
11 /13 2012
晩秋から初冬へ。季節は日々進んでいます。平地が雨ならば山は雪、みぞれ。晴天ならば小春日和のよう。季節の狭間を歩いています。先日は雪が残る1000㍍付近。雪のち雨に降られたのかザラメのような雪が影に残っており陽が当たってもとけずに一日ありました。11時頃が一番陽が暖かく感じられ白く小さな蛾が何頭もハタハタ飛び出し30分経ってもう少し気温が上がったので越冬中のテングチョウが日向ぼっこをしていました。もちろん日陰の大気はとても冷たくひんやり寒いので一日日陰の場所にいるものは春までずっとその場所でしょう。雪の残る日陰に葉っぱが降り美しい風景がありました。つづく。
DSC_1688-1.jpg
DSC_1535-2.jpg

キイロキレイ

風景
11 /13 2012
浅めの水面の映り込みを撮っていたのはいいのですが、いつの間にか水面スレスレで構えだしある時は三脚を一番低くしてその上に乗ったり(体重がかかって痛い)またある時は肘と膝が水の中・・・当然そんな体勢をとれば長靴に水が浸水していまいます。冷たい。。。時節柄沢靴など履く気にはなれず(寒くて冷えて)ですが、結局下半分水濡れしてしまった川原。ほんとうは行きたい処がありましたが、そこは砂地。片足を踏み入れた瞬間30センチ沈んでしまいました。わっ、先を進めば身動きとれなくなる。ということでやめました。でも辺りは黄葉の紅葉が多くその落ち葉と石の水溜まりが沢山ありで気に入りました。キイロキレイなのです。カメムシもいました。最初に確認したのはこの子。すぐ横の仰向けのナナフシ?がいるのに気がつきました。カメムシの命になったナナフシ。カメムシも越冬組。貴重な命をつないで冬を越します。

DSC_0913-1.jpg
DSC_0676-1.jpg
DSC_0954-1.jpg

やっぱりかなり好きなんだなぁ

昆虫
11 /12 2012
あっ、こんな処に。そんな時、私はこの子たちがやっぱりかなり好きなんだなぁと思うのです。マダラカマドウマ?の子供さんだろうか。この子は越冬組。葉っぱの中で暖かくしてね。

DSC_0221-1.jpg

収穫

風景
11 /11 2012
今年の大峰、台高山脈の紅葉は赤は抜けの良いものが多く黄色と同じくらいか赤が少しゆっくりめなので色彩が豊かです。水に映った紅葉の色も妖しくていつまでも眺めていたくなりました。巨峰かと思うような見事な実の付き方をしているエビヅル。風が止まらなくてフイルムはブレたと思うのですが、デジタルは大丈夫でした。おとぎ話の中みたいに小さなこびとさんたちのデザートになりそうです。

DSC_9383-1.jpg


越冬

風景
11 /07 2012
そろそろ気持ちは越冬モード。冬の楽しみがヒタヒタと近づいてきています。この前山に行った時は午後から冷え込みが増し冷たさで耳が痛くなるほどで途中で帽子。車に戻った時落ち葉の上にカメノコテントウを見つけたのですが、ピクリとも動きませんでした。日も暮れて辺りは薄暗くフイルムで撮ったものは1分くらいシャッターが切れませんでした。山に雪が降る1週間~10日ほど前の小春日和に山中のテントウ虫とカメムシが集まったの?というくらいの集団越冬日の情景が今年は見られるでしょうか・・・数が多くてもひととこにおしくらまんじゅうではないので作品には出来ませんが、兎に角不思議。タイミング良く見られますように、と願っています。

DSC_4717-1.jpg





立冬

風景
11 /07 2012
夏の間トンボを見に出かける池。広いけれど人が歩ける場所はごくわずかです。ちょこっと遠いですがトンボの種類が一番多い池なので種類を楽しむ場所です。この前の朝道路からこの方向を見た時丁度朝日が昇ってきていてこの時期ここから見えるんだ、と思い最初は慌てて道路から遠目で撮影しその後池の傍まで行きました。影の雑木部分には電柱が立っているのですが逆光だし少し移動するとなんとか隠れます。300ミリで枯れ木部分をアップ。いい感じでした。太陽が出る位置がドンドン右に移動するので枯れ木にかかっている時期詰めてここに通わないと、と思いました。立冬を迎えました。これから寒さもますと思いますので風邪や冷えにお気をつけください!

DSC_8236-1.jpg

もみじまつりで

風景
11 /06 2012
週末天川村のもみじまつりに出かけました。1日めは少々冷え込みましたが天候にも恵まれ行楽日和。ヘリにも乗りました。交通規制がかかっており、国道309は一方通行でしので役場の前の川周辺で撮影をしていました。紅葉している木々たちが綺麗色で中でもケヤキの紅葉が目立っており電線が少し後に渡っていたのですが、空に抜いて飛ばせばあまり見えないかな、と思って飛ばして撮ったり川原に落ちている落ち葉を撮りました。11月に入り年も押し迫ってまいりました。年賀状の写真も考えなければ!

DSC_9133-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。