惜別

風景
11 /28 2013
先日長く担当していただいていた出版社の方が新企画の誌面立ち上げでこれまでの部署を離れるというご挨拶が届きました。ほぼメールと電話。でも一度お逢いした時感じたそのしなやかな強さと翡翠色のイメージの聡明さ丁寧さがメールや電話からのイメージと重なって、何より温かいまなざしがうれしくてお話している時間はキラキラと星が降ってくるような時間であったことが昨日のように思い出されます。丁度今頃。季節は11月下旬でした。きっとこれからもこれまで以上に飛び回り活躍して下さるだろうなぁ。淋しくはなりますが、本屋さんに出かけた時ワクワクしながら○さんの新しい誌面での活躍を心待ちにしている自分がいます。それと同じくらい笑顔と健康とまたいつかお仕事をご一緒出来ることを祈りつつ。秋の夕暮れの大気はひんやりとして長く立ち止まりシャッターを切っていると身体が縮こまります。でも傾いていくおひさまの光は金色からオレンジに変わりぬくもりを感じ懐かしくてやさしい。先日は山から差す最後の光に照らされるススキの穂と点りだした車のテールランプを眺めながら公園の土手を後にしました。どんな出逢いも最大限に生かす。いつもうれしい出逢いばかりではありませんが、出逢っていくものは自分の鏡。出来ること精一杯悔いのないように。あの時は全力で向き合った、と思えるように。そう写真(自然)や人との出逢いから教わりました。そして人間の時間感覚は、1年を年齢で割る様な感じだとある友人が話してくれました。10歳の時は人生の1/10の時間の経過だったのが50歳にもなると人生の1/50となってしまって、0.1と0.02位の差になっているのかも、と。理屈ではない感覚というもの、それも教わったように思います。
DSC_3113-1.jpg



心躍る

風景
11 /27 2013
昨年山友達に連れていっていただき教えていただいた舞茸。クロ・シロ舞茸赤ちゃんの頭大で豊作でした。切り取った形跡も腐った形跡もなく出なかったみたいで今年は暑さのせいかさっぱり・・・でした。舞茸ってつく気持ちがわかる。目に飛び込んで来たとき心が躍りました(ちっちゃい私が頭の中で踊っているイメージ・笑)急な斜面の石の上ですごい格好で撮影していて、お友達が支えてくれて撮れました。撮っている間辛抱強く待っててくれたしほんとうにお友達に大感謝でした。

DSC_2732-1.jpg

きのこ

風景
11 /25 2013
今年のきのこは晩秋にちょこっとだけ。大きさがわかるように撮ればよかった!と。14ミリで地面にカメラを置いてこの辺まで距離をとればピントきているよね、でした。大きいきのこで傘の直径は12センチほど。携帯くらい。ちなみに食べられるきのこでわかるのは昨年教えていただいたマイタケだけです。
DSC_1871-1.jpg

草もみじ

昆虫
11 /25 2013
11月が始まり何かと気ぜわしくなってきた、年賀状データもまだと思っていたら、瞬く間に末。夕方湿気があるんだなぁと思いながら長く伸びた飛行機雲を見ていました。ヨメナ花束の草むらに出向いたら種になった子と沢山生えているセイタカアワダチソウも茶色っぽくなり、エノコログサは白く。ここのススキの葉は紅葉していました。チガヤの紅葉もいいですがススキもいいです。その年の寒暖や種類・生えている場所によっても違うのでしょう。車で横を通った際ススキの葉っぱにチラッと見えたのはイナゴ。幅1メートルあるなしかの短くて急勾配な土手に生えています。土手から向こうは高さ130センチほどの水路。落ちたくない。。。ので滑らないようにドキドキしながら三脚を立てました。ここ周辺にいたのはイナゴとキレイな形の羽の子と黒いカタツムリ。カタツムリほんの少し目が出ています。家を背負っているというより寒そうにこたつを背負っているように見えるのは私だけ(笑)秋の夕暮れでした。教室も3期が始まりました。実習で夕景まで粘れるのはこの季節だけですので晴れたらいいなぁと思いつつ。そして何より体調です。今回はバス中でお伝えするのを忘れていましたが、普段あったらいいと思って持ち歩いているのは止め薬3つ(頭痛・酔い止め・下痢)そしてもうひとつ。今回足を痛めた方がいらしたのでボルタレンの貼り薬は持っていた方がいいなぁ(ドラえもんのポケットが欲しい!)と思ったので気休めになるかもしれませんが次回から持つことにします。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。どうか皆さまも体調を崩されぬよう年末を乗り切ってください。
DSC_2857-1.jpg
DSC_2865-1.jpg

月の道

天空
11 /24 2013
先日バタバタと久しぶりにお隣の市の海に出かけました。散歩の人ももういない。大潮の波音と海岸沿いを走る車の音を聞きながら。ここでもレインダンサーに長靴。そして冬仕様でショール頭からぐるぐる巻き。もうすぐダウンを着ますが農作業の○○さんと言われても仕方ない(笑)寒くて寒くてでした。
DSC_2305-1.jpg
DSC_2340-3.jpg

コクワ

風景
11 /18 2013
昨夕ロケハン気持ちで撮影フィールドの中の雑木と湿地の間の道をポツポツ歩いていました。ここは一日日陰な場所なので日中も15℃くらいだったでしょうか。細いけれど舗装道で道に枝や何かの実に混じっていたのは両前足の爪のないコクワガタ。コクワは樹の洞などで越冬します。夕方で冷えてきたのもあって動きません。車が通る道。このままじゃ交通事故に遭いそうと思ったので捕まえました。手のひらの上に置いてもしばらくはじっとしていました。3分ほどたって手のひらの温かさでゆっくりと動き出しました。。雑木の方の木の枝に留まらせて、また来年逢おうね、とバイバイです。これまで11月の下旬頃まで見かけたことがあるからやっぱりこの時期くらいまではひょこっと出てくるんだ。近くの湿地の脇、ここにはノコンギク。ヨメナとはやっぱり咲き方というか生え方が違う。数珠玉やオナモミも沢山あって、帰りは長靴のヒモにオナモミを付けて帰ってきてしまいました。オナモミはちょこっと痛いボンボン。数珠玉の思い出は糸を通して作ったネックレスです。
DSC_2260.jpg
DSC_2273-2.jpg

小春日和

昆虫
11 /18 2013
母の庭では今菊が真っ盛り。昨日は17℃ほどあったのでタテハやベニシジミ、ヤマトシジミ・・・そして京都の友人がせっせとごはん作り(パンジーを育てている)をしているツマグロヒョウモンがきていました。それも羽がピカオピカ。まだ羽化して数日の様子な女子。思わず京都方向に向かってここにいるよ~!と心で叫んでしまいました。カメラを持っていなくて携帯でタテハだけ撮影。携帯は難しいです。
131117_1037~01-2

匍匐前進

昆虫
11 /14 2013
10月下旬寒くなる前になりますが広場の芝生の上でひたすら匍匐前進でトンボを撮っていた時間がありました。白く目立つ柵を入れないようにもうひたすら・・・肘とか膝とか痛くなってというより暑くて喉が渇いてしんどくなってようたくやめた、という感じでした。半分くらいはレンズを向けた瞬間逃げられていたような気がします。シャッター速度が250くらい切れれば感度50のフイルムでも大丈夫なのでずっと絞りは開放でした。あっ、もちろんデジタルも撮りましたが。トンボが葉っぱに留まる、とか近くに来て飛んでいるとかを見つけたらにじにじと匍匐前進でにじり寄る、追っかけです(奈良公園の鹿さんを思い出しました)撮らせて(ポケットのおせんべい)くれないといつまでも追っかける(笑)そして今年の秋は秋桜とトンボのマクロをいつもより撮らずに終わり、ヒガンバナもだしそういえばヒマワリも朝顔も・・・でした。その代わり望遠マクロや広角レンズを使うことがいつもの年より多かったように思います。さて玄関のヤモリも越冬。もうすぐ私も越冬モードです。
DSC_9115-1.jpg

ご案内

お知らせ
11 /12 2013
フォトスクール とっておき!
新設   米谷教室  風景写真好きな人 集まれ!

風景撮影を素直に楽しむ教室です。
デジタル、フイルム いずれでもOKです。中判カメラで撮りたい人もOKです。
雄大な山の撮影から身近な花の撮影まで、ドラマチックな風景から心にやさしく語りかける1枚の作品まで 自分らしい作品作りをされたい方、お待ちしています。
もちろん、今から写真を始める方も大歓迎です!(途中からの入校も可能です、ご相談ください。)

☆一緒にとっておき!のフォトスクールを進めている
友人で写真家米谷氏オンリーの写真教室のご案内です。どうぞよろしくお願いいたします

第 1 期 受講生募集中(3月~6月)
(定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください!)

受講料:26000円(税込) 4カ月集中講座:月2回、最終月のみ3回 計9回。
(撮影実習でのバス代・入園料等は別途となります。)

講 師:米谷昌浩

定 員:20名

スクール会場: 大阪府立江之子島文化芸術創造センター 2F 多目的ルーム8
          大阪市西区江之子島2丁目1番34号
          大阪市営地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」下車、8番出口から西へ約150m。

時 間: 午前 10:30~12:30(教室での授業は水曜日です。)撮影実習は木曜日です。 
      毎月、1回目は撮影実習(バス)に出かけ、2回目は教室で作品研究を行います。
      ※(実習は天候・被写体によって日時・場所が変更になることがあります。)

  実施日      内    容       場 所   授業 及び 撮影実習
① 3/6(木)   バス撮影実習       野外   ナンバ、大阪駅前より出発します
② 3/19(水)  前回実習の作品研究  教室   午前 10:30~12:30
③ 4/3(木)   バス撮影実習       野外   ナンバ、大阪駅前より出発します
④ 4/16(水)  前回実習の作品研究  教室    午前 10:30~12:30
⑤ 5/1(木)   バス撮影実習       野外   ナンバ、大阪駅前より出発します
⑥ 5/14(水)  前回実習の作品研究  教室    午前 10:30~12:30
⑦ 6/5(木)   バス撮影実習       野外   ナンバ、大阪駅前より出発します
⑧ 6/18(水)  前回実習の作品研究   教室   午前 10:30~12:30
⑨ 6/25(水)  作品研究と総まとめ    教室   午前 10:30~12:30

フォトスクール とっておき! 米谷風景教室 今後のスケジュール予定
第2期 2014年7月~10月
第3期 2014年11月~2015年2月
第4期 2015年3月~2015年6月

お問い合わせ・お申し込みは  
米谷昌浩写真事務所まで  
携帯 090-3676-8712
FAX 0743-57-2245

保存・保険

昆虫
11 /11 2013
前の1TBのHDDも上手く使ってどう保存して行こうかと思いを巡らせながら2TBのHDDを2つ購入しました。フルサイズのデータは重い。細かく分類して減らしていかないとあっという間に溜め込んでしまいます。でもデータがある日突然消えてしまうこともあるので何枚か同じものを保存しておきたいし。これ、というものはフラッシュメモリーにも年月別で保存しかけて2年で整理が中途半端になってしまっています。ポジのように細かく種類別分類すれば作品を呼び出しやすいので、とても出来ない・・・という数になる前にしよう、今季。丁度冬なのでシャッターを切る機会が減るこの時期しかないしなぁ。うんやっぱりそうしようと決めました。年賀状も決めないと。11月も半ばに入りました。早い早い1年です。冷え込んでもまいりました。冬季のアンダーが大活躍です。私は数年前右ひじを痛めているのでこれ以上悪化させないようにサポーターも大活躍しています。冷え、風邪など体調に気をつけてお過ごしください!スズメガの仲間。この子も蛾さんですが、夏から秋早朝日中夜間問わず(いつ寝てるの?!というくらい)いつも忙しくハチドリのようにホバリングしながら吸蜜している姿かアンテナ付けた幼虫時代や恋している時くらいしか出会えなかったのですが、今回は花を背負って(背景)留まっている姿を見かけました。前から横からうーんカナヘビよりかわいく撮るのが難しいような、そんな子です。
DSC_1129-1.jpg
DSC_1133-1.jpg

リンドウ

風景
11 /11 2013
5月の中頃と秋にお世話になる田んぼの山側の土手。しみ出た水の土手でノバラやアザミ、ワレモコウの若葉等の撮影でお世話になります。初夏も秋もこの土手側が全て除草されれば草花に逢うことはありません。ここは簡単な囲いがしてありますが強力な猿よけなどの柵ではないため隙間からイノシシが出入りして畦を壊します。現地の方にはいつもイノシシに気をつけるように、と心配いただいています。草むらにけものみち。そのけものみちを私も通ります(汗)繁雑ですが、草の中でリンドウが咲いています。根本の方まで写せませんでしたが一番多くつぼみの付いていたものを数えたら19個でした。こんな花付き良好の子が一人います。今5個のHDD。本当は6個でしたが、一つ壊れてしまいました。2011年4月分のデータこれだけ壊れたHDDだけに入れもう一つのHDDに入れておらずフラッシュメモリーにJPEG3点だけ入れていたもの以外なくなってしまいました。整理途中で細かく整理していないのでおおざっぱに削除したデータがいっぱいの、昨年購入した1TBのHDDがいっぱいになってしまいました。これを整理するとなると・・・時間が。ちょっとめまいがしそうです。1個しかないものが壊れるといけないので2個づつ同じデータを保存してホケンかけているのでまた2個増えてしまう計算です。ポジもまた溜まりだしてしまっています。
DSC_1114-1.jpg
DSC_1111-1.jpg

越冬準備

昆虫
11 /10 2013
今年も数日で山は雪なんだ・・・!と出逢うことが出来たのはテントウムシとカメムシなどの越冬準備。土曜日の小春日和。何億?もっと?数え切れない山中のテントウムシやカメムシが集まった、という感じで、岩盤をウロウロ歩いていたり空飛んでいます。私が見ている場所だけでもこれだけいるんだ、と毎年感心します。ナミテントウが一番多くジュウニホシ、カメノコ(大きいからテントウムシらしからぬテントウムシ・・・)、ナナホシなどそしてカメムシ色々です。岩の裂け目に入っていきます。(ちなみに枯葉の裏小屋の中やお家などにも入り込んで越冬しています)出来るだけ沢山いる処を撮影したのですが、小さくて黒く丸い点のようで申し訳ないです。後から動画で撮ればよかった・・・と思いましたが撮影から帰った時は日も暮れて寒くなっておりみんな隙間などに隠れていました。毎年何処かの谷で見かけてにっこり。晩秋から初冬への季節のことぶれ。その日は夕方から撮影でガスが出ており白っぽい山でしたが大気は澄み清々しい時間でした。紅葉も標高600くらいまで降りてきました。今年も素敵な出逢いに感謝しています。
DSC_1271-1.jpg
DSC_1636-1.jpg
DSC_1641-1.jpg






ご案内

お知らせ
11 /03 2013
2013 関西女性フォトグループ写真展

日時 11月8日(金)~14日(木)AM10時~PM19時(最終日14時まで)

場所 富士フイルムフォトサロン大阪 
    〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2-5-7 大阪丸紅ビル1F
     TEL 06-6205-8000

お近くの方は是非お出かけください
しばらくはこの記事の下にアップいたします


プレゼント!

風景
11 /03 2013
セイタカアワダチソウの草むらの中にこんな素敵なヨメナの大きな花束が数束あります。出向く度に花束プレゼントをいただているようでうれしい気持ちになります。ご覧いただいている皆さまにもプレゼント!
DSC_0080-1.jpg

班入り

風景
11 /03 2013
撮影中珍しいなぁというものを時々見かけます。山歩きをしていてヤマシャクヤクの八重咲きを見つけたことがあったときも感心しましたが、今回はイヌノフグリの葉っぱの班入りです。初めてでした。沢山の葉っぱの中にありました。これは全体的ですが、もうひとつ同じ株に葉っぱの半分から微妙にというものがありました。花も同じ色かな???少し変わった色の花が咲くと楽しい。忘れなかったら時々見に行こう。
DSC_9769-1.jpg

個性

風景
11 /03 2013
ツリガネさん。紫色の濃いものから薄いもの白など。形も細めから妖精の帽子のようなまあるいかわいいものまで様々。みんな個性があって楽しい。3年前八重っぽい子も見つけましたが、ヒガンバナの白のように最初は珍しいくらい、でも徐々に増えていくのでしょうね。この子たちも種々してきました。今年も終盤です。

DSC_9794-1.jpg
DSC_7541-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。