キツネ

風景
06 /18 2011
私の住まいは団地と住宅地の中。でも車で5分走れば田んぼや雑木林があります。イタチやイノシシ、タヌキ、ウサギ、キツネを極たまーに見かけますが最近では山から下りてくるサルを一番多く見かけます。イタチやイノシシ、タヌキ、ウサギ、キツネは皆夜向行性だからまず日中は見ることはありません。タイミングふがよければ早朝とか夕方。イノシシはこれまでで夜中一度だけ。ウサギは2度。タヌキは3度くらい。そしてキツネは年間1回見られたらいい処。毎年見ているわけではありません。大抵キツネは早朝撮影の際茶畑の中で見かけるのですがやはり絶対数が少ないのと逃げるのが早いのと北海道のように周りが草原とかではないので撮れない、そう思っていましたが、昨日の朝アジサイを撮りに行った帰り、公園のテニスコートの芝生の上で気持ちよさそうにしているのをみかけました。車で走っている途中で遠目だったので最初犬?それにしては耳がとんがっている、、、キツネじゃないかな?慌ててデジタルに180ミリを付けてこっそり車窓から覗いてみたらやっぱりキツネでした。キツネまでの距離は80mくらいでしょうか。雨上がりの芝生の上で気持ちよさそうにしています。180ミリでは短いので車のトランクから300ミリに1.4倍のテレコンを付けてしゃがんで植え込みから再びチャレンジしましたがこの後気付かれてしまいます。
DSC_8906-2-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。