沈痛

風景
09 /05 2011
今回は紀伊半島を直撃した台風ですが、災害は何処にでも誰にでも起こりうること。自然は素晴らしいし美しい、沢山の豊かな恵みも与えてくれます。しかしながら厳しさや脅威、畏れ敬うことも忘れてはならないのです。人の想像などはるかに超える・・・想定外という言葉は存在しないと思っています。その両方を山を歩いていても身近な場所を歩いていてもいつも感じています。今回大峰も台高も熊野もズタズタ。被害は広範囲に渡りました。沈痛な思いで山や渓谷、そして何よりもそこに暮らす方々、大切な友人を想います。
DSC_2358-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。