キチョウ

風景
11 /12 2011
この前撮影に行った小さな空き地で雨上がりクモの巣を撮っていて陽が差してきてキチョウが飛んでいるのを横目で見ていました。あっ、ここ何頭かいるんだ、また今度探そうって。それから今日雨上がりで再び行ってみると3頭の生きているキチョウと1頭の亡骸を見つけました。一頭はススキの葉もう一頭はヨモギの葉そしてエノコログサに。こちらはまだ暖かく越冬はしていません。昨年は12月下旬くらいに越冬中のキチョウとまだ羽の鱗粉もきれいに付いていた生まれてそう長い間過ごしていないけれど越冬に失敗したと思われる亡骸を見つけたのが記憶に新しいのですが、今回の亡骸は寿命がきて・・・のようでした。昨年見つけた亡骸は飛んでいる状態で力尽きた?羽の表が見えた状態でした。来週は半ばには冷え込みが増すようですが、今こちらで私が見かける成虫の蝶はキチョウ、モンシロチョウ、キタテハ、ヒメアカタテハ、ヒョウモンチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ウラナミシジミくらいでしょうか。暖かいのでまだ健在です。

DSC_4768-1.jpg

DSC_4634-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。