越冬時々めざめ

昆虫
12 /06 2011
先日ようやく全体的に霜が降りました。この霜で越冬出来ない蝶はあまり見かけなくなったし、霜枯れして落ちた葉っぱも多数、茶色も増えて草むらの色も随分変わってしまいました。暖かくなるとたま~にベニシジミを見かけますが絶対数が少ないし成虫越冬はしません。ヤマトシジミは寒さに耐えられなかったかなという処です。キタテハやキチョウ等成虫越冬する蝶は日が射してくると羽を暖めて飛んで行きます。今朝は久しぶりにムラサキシジミを見つけました。この子も成虫越冬します。以前写真誌面で載せたこともある蝶で裏羽は茶色で地味系ですが表羽は青紫で神秘的。羽を閉じていると見つけるのが難しいこの子も忍者です。今朝は霜で茶色く枯れた葛の葉っぱに留っていて、最初は羽を閉じていて ん???葛の葉も茶色いからやっぱりわかりにくい・・・と苦笑。しばらくして羽を少し開いてくれました。やっぱり綺麗な青紫。昨年は越冬出来ず途中で死んでしまったキチョウを見つけたので無事に越冬して欲しいものです。

DSC_7639-2.jpg
DSC_7647-2.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。