凍える朝

風景
01 /31 2012
東北や北陸では大雪で大きな被害がでています。これ以上ただただ被害がないようにと祈る毎日。こちらは先週うっすら積もってすぐ消えてしまいました。今日は午前中から雨→みぞれ→ちょこっと雪。雪は明日でしょうか。夏暑さ厳しいとラニャーニャで冬は雪が多いですね。母が夏の暑さを貯めておいて冬に。そして冬の雪や冷気をやっぱり貯めて夏に上手く利用できないものかとよく話します。電気も原発や火力水力(風力も超音波でるし)などに頼らざるえないなら環境にはよくないしエコでもないし。考え出すとつらくなりますね。。。
そして先日のお話。駅のホームで写真を撮った5時間後液晶が真っ暗になった携帯。ショップの店員さんにはなんとかうっすら見えるらしかったけれど私にはどうやっても見えない。思いたくないけれど年齢かな(涙)修理は出来ないそうで携帯を新しくすることにしました。私には携帯で十分。スマホ購入するくらいなら中古のF3を購入する、そんな写真ばかです。でも5年使用していたのでポイントが随分あったのは幸いでした。
さて今朝は冷え込んでマイナス3度。こちらではこれ以上はなかなか下がりません。そしてこれくらいの温度にならないとしっかりした白い氷が張りません。いつもの場所は今年はよくなくて今日は先日見つけた土建屋さんの残土処理地の水たまりの氷を撮影。撮影している後ろの朝日は長い時間太陽柱でした。わりとよく見かけるので1枚も撮らずひたすら氷。登校中の小学生が、あっ、あんなとこで写真撮っとるでとかあれ一眼やでとワイワイ。そうそうよく知ってるなぁと感心してしまいました。私小学生の頃一眼という呼び名知らなかったもの。さて氷の上にミミズがいました。浮いていたのか後からなのか???仮死?ミミズも素肌だから寒そう。そして透明な薄氷。水の波紋ではありません。見事なまで等間隔な模様の氷。素晴らしい冬の造形美でした。

DSC_0908-1.jpg

DSC_1052-1.jpg





林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。