コオニヤンマの初見

昆虫
05 /25 2013
昨夕コオニヤンマの今年の羽化を初見しました。まだキチンと色は付いていません。昨日から気温は低くなったもののその前はずつと30℃前後の暑い日が続いていましたから。羽化途中上手く羽化出来なかったのか尾の下のほうがいびつで痛々しいです。羽化の割合が多いのは早朝でしょうが、よく似た条件なら夕方もありです。生まれたてのどの蜻蛉の羽もステンドグラスのようにピカピカ。毎回羽が伸び乾いてきて羽を小刻みに震わせ羽の付け根の筋肉が温まった処で飛び立つ姿、、、羽から星屑がキラキラとこぼれ落ちてくるように見える瞬間を撮りたいと思っていえるのですが、タイミングは計れないし(美しさをぼんやり眺めてしまう)あっという間に飛んで行くので俊敏にレンズを向けられない。毎年・毎回永遠のテーマです。紫陽花も咲き出しましたのでアマガエルの場所にも時々行ってみようと思います。
DSC_6895-1.jpg





林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。