ボーダライン?

は虫類・両生類
06 /17 2014
朝日が当たる紫陽花の場所の横の斜面の草むらでムカデを見つけました。お二人さま。ムカデの印象は古い家の天井から落ちてくる、とか土間の隅っこにいるとか側溝にいるとか等・・・そんな印象でいたので早朝葉っぱの上で快活に動き回っている光景は自分的にはなかったしこれまで細かく観察をしたことも・・・顔などをしっかり見たこともなかったので良い機会。あるのは好奇心。見つけた方々は同じくらいの大きさで足はざっくり60本ほど。身体だけではなく顔やしっぽ部分も頑丈そうでした。流石にこちらに貼るというのは出来ませんので私の低すぎるボーダーライン?同じ朝に見つけた小さなへびを貼ることにしました。皆さまも正面から見る機会はそうないのではです。三脚の脚がこれくらいなのでとても小さかったです。ボーダーラインがカエルより上の友人の顔が目に浮かびます。カタツムリのアクロバティなしなやかさに惚れ惚れ。やわらかな曲線を描くへびを見てすごく綺麗・・・私こんなに柔軟になれないなどと、そんな風に思いながらシャッターを切るのは自分くらいかな、と思いつつ。口を開けなければおちょぼ口?に見える小さな小さなへびと対峙していました。これまで躊躇なく草むらに入っていた私。そしてへびはいる気をつけなければとは頭にありましたが、ムカデはなかったので形を覚え発見は兎に角早め。痛いから本気で気をつけないといけません。皆さまもお気を付けください。夢色から離れて申し訳ありません!
DSC_9006-1.jpg
DSC_9027-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。