憧れのヒトマタギ

昆虫
07 /01 2014
身体ガチガチの私はカタツムリの柔軟さに感慨とうらやましさを感じていますが、カマキリの手足のリーチを生かしたマタグというか渡るという行為にも感慨を覚えます。。(よいしょっと)自分と同じくらいの長さを軽々と移動します。渓谷でちょっとした石と石の間とか大きな岩とかヒトマタギしてみたいものです(足が上がらなくなってきました・汗)ちなみにカマキリは私の中で目にピントが合わせにくい第一位です。次はモンシロとバッタ系でアンニュイな目かな。紫陽花の処でラミーの背中です。模様がとても美しいです。そしてアカボシカミキリもいました。こちらも卵形でつぶら。ただ赤に黒なので私の色の中では黒。飛び飛びにしないと出ません。明日から一泊二日の撮影実習です。たった一泊なのに荷物が多い。。。のですが行ってきます。
DSC_0531-1.jpg
DSC_0536-1.jpg

DSC_0509-1.jpg
DSC_0594-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。