ヒヤヒヤ感

風景
07 /14 2014
実習の下見ついでに立ち寄った場所でクマと出逢いました。最初目に付いたのは向かいの山の斜面のシカ。250メートルくらい距離があって微妙でしたが動いたのでやっぱりシカだよね、でした。鈴鹿や奈良の見慣れたシカとは違う明るい黄土の毛色に骨格も少し違います。夏毛?なんだか華やか。それから200メートルくらい離れた左の山斜面に黒いもの。これはすぐにクマだとわかりました。300ミリにテレコにンAPS。木々の中に入って行き見えなくなりました。出てくるまで違う場所で花を撮っていましたがシカやクマの道。そこもテリトリーでいくつかのシカやクマのフンと強烈な匂い。匂いは風上から先ほどの熊の匂いが上がってきていたようでした。自分は風下でよかった。友人がクマを上部から撮れないかと直上20~30メートル上を歩いていたのですが斜面だし草の高さがあるので見えないし危険なので無理、と言ったのにクマの進行方向へ歩いて行きます。しばらく遠目で横から斜面を見ていたら木々の間から出てきました。すぐ下にいる、とジェスチャー。こちらをなかなか見ません。クマは友人からは見えないので気づいていません。このヒヤヒヤ感。友人といるとちょいちょい味わいます。
DSC_3328-2.jpg
DSC_3361-1.jpg
DSC_3345-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。