風景写真

お知らせ
08 /18 2014
お気に入りの池。今年5月ヒメコウホネの花が咲き始めて賑やかになると思っていたら、花も葉の出も芳しくなく今年この池に通い始めて20年ほどになると思いますが、一番元気がありませんでした。今この付近でキアゲハの観察をしています。今年は発生が少ないかなと思っていたキアゲハの卵を産むのを見たのが丁度3週間ほど前で台風の頃終齢でもう一日で蛹かなということだったので楽しみですが、池の岸近くでカイツブリが卵を温め出したのでこっそり出入り。田んぼもあり人の出入りは頻繁にあるのでカイツブリも人が来たら卵をヒメコウホネの葉っぱで隠してすっと離れます。うーんエライ!背中に乗っけて子育て。また見られるとうれしいな。そして今年は少ないミゾギボシ。ここから少し離れますがこの花を撮る季節になると秋だな~と実感します。この花の傍の溝ではミヤマアカネが毎年発生します。私のフィールドの中でミゾギボシが撮れる場所もここの土手だけになってしまいました。この時期カタツムリの子供ちゃんをあちこちで見かけます。8月20日発売風景写真9/10月号にて口絵で作品が掲載されます。やわらかなパステル調とキラキラした時間。またご覧いただければうれしく思います。
DSC_6862-1.jpg


林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。