甘露

軟体動物
11 /12 2014
長いことツリガネニンジンの土手で撮影していましたが、ほぼ種々。遅咲きの株や、なんとか撮れる花に何か留まっていれば撮る、という感じです。先日の雨上がりカタツムリがいました。雨の日に見かける子は花や茎に付いたしずくを身体にまというれしそう、そんな気がします。これまでもいたのはいたのですが、ふと目に付いた子がまだ元気な花に向かって身体(首?)を伸ばしています。枯れて水濡れたものを食べに来ている認識だったのですが、この子は花に付いたしずく、露を飲んでいるようです。見る間に花に付いたしずくがなくなっていく・・・首が伸び伸びになるのもおもしろいのだけれど飲んでるんだ、というのがおもしろくついついタイトルを考えてしまいました(笑)撮りにくい場所だし動きの速いカタツムリ。添付は上部からでこの時は花の後ろ側でしたが序々に顔位置を移動していきました。しずくを落とさないようにドキドキ。うーん難しい位置と思いつつ感度を上げてなんとか完成度を上げたかな(汗)という撮影できましたが、撮影後体重を思い切り足にかけていたので急に立ち上がれずゆっくりゆっくり。土手ではカメラバックを転がさないようもドキドキです。何枚か撮影しましたが動くから同じショットはなし。作品に出来そうなものが一枚出来たような気がしますが、思い入れがあるので少し時間をおいて冷静にみてみよう。
DSC_3307-1.jpg
DSC_3230-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。