春の兆し

風景
02 /12 2015
1月母の庭で越冬中のキチョウを見つけました。羽は少し傷んでいます。毎年だいたい3人さまくらい晩秋飛んでいるので、この子たちは越冬組だな、とそんな風に眺めています。庭は広く繁雑なのでこれまで見つけたのは5回くらい。難しいです。キチョウやウラギンシジミ、キタテハ。野外でも5回くらいでしょうか。撮るとなると留まっている場所でなかなか難しいですから、きちんと撮れたのは数回。暖かいと数センチほど移動します。前にツリガネニンジンBの土手で見つけた時は15センチほど横に移動していました。雪が降れば埋もれて雪が降り積もった土手を見つめ大丈夫かな・・・と心配になりましたが、雪がとけてしまうとちゃんと留まっていました。がんばったね!って声をかけました。先日母の処にキチョウを見に行ったら暖かかったせいか少しだけ移動していたし動いていました。今日は13度。タテハが飛ぶ気温。晩秋ならばキチョウも飛んでいたでしょう。今年も梅にタテハ見られるでしょうか。梅がほころび始めました。HPトップページ移ろいました。
DSC_4004-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。