つくしぼうや

風景
03 /03 2015
今朝は久しく冷え込みましたが、後2度下がって欲しかったと思った朝の玄関外。撮影に出ると氷はうっすらすぎて難しく、田んぼ道をつらつら車を走らせの帰り道の湧き水の場所。ここは南側で日当たり良好つくしが出るのが早い。ちなみに四日市でも東方面のコンビナートに近い母の処などは、12月からオクルミを着たつくしが出ていますので、成長も早く私のテリトリーの中では一番。梅も満開を過ぎて散っています。さて話は戻りますが、今回は湧き水の出るところの小さな土手。成長したものは4センチほど伸びているのですが、小さめのものを撮影。つくしは黒っぽいので朝の光での撮影は難しい。冷たい大地に寝転びながら土を掘り返したいくらいの衝動に駆られ乍ら・・・タオルを引いた地面にカメラを置いて撮影。後一月半もしたら田植えが始まりますが、イノシシやシカ、あるいはアライグマ・・・など避けの田んぼや畑を囲う柵や鉄線の存在がつらいです。致し方ないのですが、背景の山など広角マクロ的な撮り方が出来ない場所だらけになってしまいました。
DSC_4533-3.jpg
DSC_4541-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。