撮りたい気持ち

風景
06 /24 2015
友人と撮影を一緒すると、フレーミングは違うこともありますが、ほぼ同じ場合も多々あります。もちろん目に付くものが同じ場合も多々あります。後はレンズを持っているか、ないかとか、単焦点かズームかくらいの違いでしょうか。(ちなみにもう何年も16ミリクラスが欲しいけれど・・・お財布が厳しい・涙)鉄道の世界のルールで最初に三脚を立てている人より前に行かないというルールがあるそうです。それは風景でも、どうみても広角で撮る場所という場合暗黙の了解の元当たるものかと思います。しかし乍ら乗り合いで行く場合、友人と話し合った結果決めた事があります。車で流しながら見つけた「今、いい瞬間」という撮影場所で、第三者がいない場合、とりあえず運転していない者が機材を持って降ります。運転者は車を安全に駐車する場所など、どうしても探さなければならないので、運転している者がどうしても出遅れてしまう。運転比率もありますが、どちらかが運転しています。、先に三脚立てたから、はいたたまれない。撮りたいフレーミングが異なる場合ある状況をきっかけに議論の末にどちらが前に行っても納得すること。撮影を済ませたらそく移動という事になりました。撮りたい気持ちは皆同じ。大勢で出向いた場所でも、ほんの少し振り返って皆譲り合って撮影したいものです。
DSC_3811-1.jpg
DSC_6273-2.jpg
DSC_6317-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。