FC2ブログ

楽しむ

風景
01 /31 2018
難しいな景勝地での作品づくりは。
情報が溢れ誰かか記事に上げるとその場所に群がってしまうこと。知名度ある方が撮られた構図が頭に焼き付いてしまったり、結果がすぐでてしまうデジタルだから失敗がなくなってしまうことで、安心の定番作品が撮れて満足してしまうこと。ある程度構図が仕方なくですが、お隣の人とも似たり寄ったりで新鮮みがなくなること。沢山の人の、その中でも自分が一番になりたくて思いやりにかける行動や言動が出てしまうこと。大好きな自然、撮影なのに悲しい気持ちになることがあること。
教室でお伝えしている事は自分の世界を作って下さい、ということ。もちろん定番作品はきちんと撮ってかまわないのです。でも道中も目に付いたものは是非レンズを向けていただきたい。自分で見つける処から、レンズの選択、バランス、色の配分、露出、もっと違う構図はないか、とか・・・空振りもあっていい、失敗から学ぶことも沢山ある。その時はえへっと笑っておきます。そして次はどうしようかな?と考えて欲しい。好奇心を持って欲しいし掘り下げても欲しい、チャレンジして欲しい・・・大好き→愛しいに変換するくらい。そうした気持ち・力を養ってもらいたい、そう願っています。
DSCF9589-1.jpg
フジフイルムX-T2 F2.8 XF50~140

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。