ふさふさ すくすく

風景
02 /03 2018
ソロ霧氷・・・と言いつつ、大淀の道の駅での雪模様に大峰の上の方も霧氷じゃなくて雪山状態ではないかと思って天川に入って山を見上げたら、雪。やっぱり雪。上の方まで雪。うーん。。。と考えました霧氷ならよかったけれど、どんな様子かは見ておかないと。3度目だもの。役場付近もつきたてだからとっても綺麗だったけれど、尾根付近まで行きたかったのでその綺麗な処をスルーしてしまいました。雪だよね、雪。今日は誰も登っていないし、私しか登らないなという感じ。でもまあ思っている場所までは登れるものだと思ってスノーシュー・・・1.5倍の時間。その後の山道はアイゼンで2倍・・・。雪が積もりすぎていて急斜面で一歩一歩しか進むことが出来ませんでした。暖かかったので辺りの樹に乗っかっていた雪が次々降ってきます。登っている時も結構雪に降られました。落ちてくるのを眺めるのは綺麗だけど、その下で遭遇するのはきゃーって感じです。尾根の下50メートルくらいもかなりの雪でお目当ての子は埋もれていました。生きている杉の皮の隙間から生まれていた子です。1年と1ヶ月で20倍増し大きく成長!フサフサだし目を見張りました。以前載せましたが1枚目は2016年12月23日2枚目は昨日です。2枚目わからへん・・・ですね(大汗)以前載せた十両、赤い実も雪の中でした。深いところは1メートル以上でストックが埋まる。雪深しだったのでこの場所ではこれだけですが、今度から川合から登って尾根から降りた方がよさそう!と思いました。9時から16時50分。カメラをほぼ出さない歩きばかりの久しぶりの長丁場と急踏だったので帰りに足がだるかったです。修行が足りないと痛感しました。でも成長の様子を見ることが出来てよかったです。大峰のほんのほんの片隅のちいさないのちですが、この子たちがこれからの大峰の森を作っていきます。
ニコンD800E タムロンSP90㎜マクロ
DSC_4225-1.jpg
フジフイルムX-T2 F2.8 XF50~140

DSCF4394-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。