アマガエルの里の住人

軟体動物
06 /12 2009
お気に入りのアマガエルの場所にも色々な住人がいます。アマガエル、カマキリの子供2種類、クモ、白いカタツムリ、ツクシマイマイ、ナメクジの赤ちゃん、カミキリ・・・近くのみかんの樹にはクロアゲハの幼虫らしき子がいます(アゲハ系だけどナミアゲハではないと思うのでまた蝶の師匠に尋ねてみます。)長さは7.5㎝人くらいで人差し指くらい大きいんです。(私の指は太めです)これが、蝶になったら半端なく大きい・・・と思いました。もう終齢のようです。ここには蛍も少しだけ飛びます。今朝は少しひんやりして、カタツムリもアマガエルも心地よさそうで私もレインダンサーを着ていても丁度良かったです。紫陽花の色付きは最高かな。今日はツクシマイマイをじーっと見ていました。肌の質感とか貝殻の巻きの美しさとか、目・・・目だけじーっと見ていると異世界の生物みたいです。おもしろいですよ♪ツクシマイマイのみならず、カタツムリは動きが速いのでレンズで追うのが大変です。
DSC_1312-1.jpg




林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。