9年ぶり

昆虫
06 /24 2010
二日続けてオニヤンマの羽化を見ました。上がってくる場所は広範囲なので時間があれば全部見て回れますが道草をするし、時間も限られているのでそれもできません。後ろ髪をひかれる思いですがそれでもタイミングが合えば羽化に巡り合えます。二日目は9年ぶりのチョウトンボ(タイトル・華麗)を撮った時のような一生かかっても出逢えるか出逢えないかという出逢いでした。胸のドキドキがレリーズを持つ手に伝わるんじゃないかと思うくらい。昆虫(天使)たちが好きだから普通の人より思い入れがあるからなんだろうなぁと思いました。(他人が見たらなんでもないかな・汗)シャッターを押す時は撮らせてもらってる。いつもそう思うのです。素晴らしいのは自然たちでいのちたち。それを撮らせてもらう機会をもらったんだ、と思うのです。1年に1カットでもいい。心に残る、思い入れのある作品を残したい。その為に日々撮影に出かけているような気がします。
DSC_1951-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。