秋夕 4

昆虫
11 /19 2010
太陽の光が低い所を通り長い波長で届く秋は特に光がやわらかく赤、橙色が美しく草むらの紅葉が宝物のように輝いて見えます。夕方撮影をしていてゴーストが入ってもそれも雰囲気がでて好きです。さてススキの紅葉シリーズですが、今回もチガヤ。ススキで何年かぶりにお気に入りが撮れたのでパソコンの壁紙をコスモスからススキ蜻蛉に変えました。また何かの機会にご覧いただければと思います。で、チガヤは世界最強の雑草という異名があるくらいしつこいくらい増えます。そういえば母はこのチガヤの若い穂(まだ穂が外に出ていない時)をよく食べたといっています。あまいんだそうです。昔は甘いお菓子がなかったため、春に出るスカンポなんかもお菓子変わり。でも畑に生えるともう大変・・・・。母は挌闘していますよ。私はサツキなんかの花の蜜や蘭の蜜が好きで小さい頃よく口にしました。もしかして私は蝶だったかも!?なんて友人に話すと。寝言は寝てからだよ、と右から左です(笑)
DSC_4107-1.jpg




林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。