足踏み

風景
02 /15 2011
お気に入りの山の登山道は狭く急なので雪が深くてもスノーシューは歩きにくくめり込んでもアイゼンの方がまだ歩きやすい。積雪が多いと登りに時間がかかるので稜線に出ての撮影時間はとても短くなりとてもとても目的地には行けませんが今年のように一時的に林道に雪がなくなり厳寒に立ち入れたことがとてもうれしいのです。いつかここでテントで泊まって朝日を見るのが目標。重い機材はドラえもんのポケットに入れたい気分です。ところで、昨日は昼過ぎからミゾレ→ボタン雪→吹雪→雨→晴れということで雪は降っても春に近づく雪でした。夕方は吹雪であまりに吹雪き過ぎて視界が悪くズームレンズで引っ張ったらぼやけた写真になってしまいました。道路は渋滞気味だったので近くの雑木林と町中の空き地で済ませてしまいました。心象的なモノトーンの世界も好きです。梅も撮りに行こう撮りに行こうと思いつつ、一昨年で止まっているデータ整理をしないと片付かないので足踏みしています。
DSC_9814-1.jpg

林 幸恵

【掲載画像等について】
このブログ上の文書・画像の著作権は
林幸恵にあります。
無断での使用・転載は禁止します。